ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュークリームが食べたい

何を隠そう、シュークリームが好きだったりします(^_^)

あの香ばしいシュー皮となめらかクリームのハーモニー、何とも言えず魅惑的じゃありませんか?
そうしょっちゅう食べるわけではありませんが、時々無性に食べたくなってコンビニに買いに走ったりしたものです。
特に残業中とか(笑)
ささくれだった心が少し癒されたりしたものでした。

が、そのシュークリーム、なぜかアメリカでは見つからない。
そりゃあコンビニにはないだろーと思ってたけど、なんとケーキ屋にもない!!
不思議なことに、エクレアやパリブレストはあるのにシュークリームはどこに行っても見つからない。
なぜだぁ~~~~~~!!o(≧へ≦)o

いや、エクレアも好きですよ。
でもシュークリームとエクレアがあって「今日はエクレア♪」って選ぶ気分と、
エクレアだけという選択肢で「しょうがない、じゃ、エクレアで・・・」って選ぶ気分って、
違いますよね。ね!!(←強引)

でもシュークリームは見つからないし、ま、エクレアでもいっか・・・と思って買ってみたんですが。
これがまたあんま美味しくなかったんですよねぇ~。
何と言うか、皮は固いし、クリームはざらつくし。

で、こうなると結論は一つしかありません。

「作るしかない」

あ、ちなみに、「アメリカではシュークリーム食べるのをあきらめる」という選択肢は私の中にありませんので、あしからず。

実はシュークリームを作るという決断、私にとっては結構一大決心でした。

というのは。
むか~し、むかし、そのむかし、まだ中学生くらいの頃、姉と一緒にシュークリーム作りに初挑戦したんですが、ものの見事に失敗。
シュークリームの皮は膨らまず、平べったいおせんべいのような皮が出来上がってしまいました。
平べったいがために、カスタードクリームもそんなに入れることができず、出来上がったお菓子は未知のお菓子。
味は悪くなかったけど、どう見てもシュークリームには見えない。

これを機に、私の頭には「シュークリームは難しい」という考えがインプットされました。
で、かなり前になりますが、あるとき、旦那にこの話をしたんです。
「シュークリームってさ、難しいんだよ~。昔挑戦したんだけどね、失敗しちゃって・・・」と、細部にわたってその難しさを説明する私。

その話を聞いた旦那さま、お料理好き、かつシュークリーム好きであることもあって「よし、じゃあ俺が作ってみる!」と言い出しちゃったんですよ。
「え~、難しいって言ってるじゃん、よしておけばいいのに・・・」と言う私をしりめに、旦那の作ったシュークリームは

めっちゃ美味しかった( ̄◇ ̄;)

皮もきちんと膨らんで、それはもう本当に、申し分のないシュークリーム。

で、お菓子作り歴かれこれ○年、負けず嫌いの私としては、お菓子作りビギナーの旦那がシュークリームを難なくクリアーしてしまったことが結構おもしろくなかったりするわけです。
これで再びシュークリーム作りに失敗したら、旦那に完全敗北!!

幸い、というか何というか、日本ではコンビニでもケーキ屋でも割と安価に美味しいシュークリームを買えたので、その後、特に忙しい中、時間をさいてわざわざ手作りするほどのことはありませんでした。

が、ここはアメリカ。
求める味のシュークリームは自らの手で作り出すしかなさそう。
しかたがあるまい、再挑戦だぁー!
日本から持参したお菓子作りの本にも、「基本のテクニックさえ覚えれば、作業はいたってシンプルで簡単」と書いてあるし、その言葉、信じてみようじゃありませんか!

ということで作ってみたシュークリーム、なんと大成功♪

20050615100804.jpg

今回はきちんと皮も膨らみ、どこから見ても見まごうことなきシュークリーム。
ああ、美味しいよぉ・・・嬉しいよぉ・・・(T-T)

これで私もシュークリームマスター♪
それにしても手作りシュークリームって手間がかかりますねぇ・・・(^_^;)
そりゃコンビニで100円で買えるんなら、作らんわな。


20050417042057.gif
シュークリーム好きのあなた、ポチッと投票していただけると嬉しいです。


再び、コリアンダーについて

くどいようですが、再びコリアンダーの話題です。
日曜日の夕食に、懲りずにまたヴェトナム料理を食べに行ってしまいました。

前回のブログにも書いたお気に入りの店はさすがに何度も行っているので、今回は別のヴェトナム料理店へ。
少しは開拓して、選択肢を増やしておかないと(^_^;)

初めて行ったこのお店は、お客が多くてすごい賑わいでした。
事前にインターネットで見ていた評価も高く、これは第二のお気に入店発掘になるか!?と期待度大。

しかし。
このお店もまた、コリアンダーを出さないお店なのでありました・・・(T_T)シクシクシク
前菜にオーダーした生春巻きを口にした瞬間、

「・・・、なんか違う・・・(ーー;)」

そう、このお店ではコリアンダーの代わりにミントを使っておりました。

ほっほーう、今回はバジルじゃなくミントで代用かぁ・・・
なんて、感心している場合ではないっ。
コリアンダーがなきゃヴェトナム料理食べてる気がしな~いっ!!

ここのお店は味がいいだけにその点、とっても残念でした。
いくら味がよくても香草ひとつで随分物足りなく感じるものなんですね。

それでも今回のお店は空きのテーブルがほとんどないほどの盛況ぶり。
やっぱりコリアンダーを使わない方が、お店も流行るんでしょうか・・・。


20050417042057.gif
えっ、コリアンダー好きですか?そんな方はポチッとクリック!

コリアンダーとバジルの関係

最近の我が家は、外食というとヴェトナム料理です。

アメリカンだってイタリアンだってインディアンだってチャイニーズだって中近東系の料理だって、何でもありのここ、ワシントンDC。
こんなにあれば「お気に入りのお店のひとつやふたつやみっつ、すぐに見つかるさっ」と思ってました。
思ってましたが・・・、実際はそんなに簡単じゃあありませんでした。

アメリカに来てからというもの、評判のいいイタリアンとかすすめられたチャイニーズとか、いくつか行ってはみるものの、また来ようと思えるお店って、ほとんどないんですよね。
なんだかイタリアンでもチャイニーズでも、味が“アメリカンテイスト”に改変されてたりするし。
お金に糸目をつけなければいいお店もあるんでしょうが、いかんせん、今は無職。
やっぱり手頃な値段でおいしい店を探しちゃいます。

そんななか辿り着いたとあるヴェトナム料理店。
ここの生春巻きとフォーは絶品です。
生春巻きは皮がいつもほんのり温かくていかにも作りたて。
「なんだか皮が冷めちゃってちょっと歯ごたえ良よすぎるわっ」ってな心配はここでは無用。
ピーナツをすりおろしたソースにつけて食べると、甘めのソースと柔らかな皮、シャキシャキ野菜、プリプリのエビ、そしてコリアンダーの香りが渾然一体となって

「うっま~い!(≧ν≦)」

フォーは牛肉のものだけでなく、鶏肉のものも用意されていて、
これがまた、両方ともスープが激ウマ。
おかげでいつも中身のみならずスープも一滴残らずいただいております(笑)。
飲み物2人分+生春巻き+フォー2品+カレー+デザートプリン までいただいて、チップ含めても約$40。
や、安い・・・( ̄。 ̄;)

旦那も私も、もともとヴェトナム料理好きです。
今は家の近くにヴェトナム料理店が多いこともあり、いくつか試してみました。
どんなヴェトナム料理店でも絶対にフォーをオーダーしますが、通常、フォーを頼むと「もやし&コリアンダー(香草)&レモン」のセットが別のお皿で運ばれてきます。
何しろフォーは熱々のところに自分で好きなだけもやしとコリアンダーをごっそりとのせ、レモンを絞って食べるのがおいしい。

んで、このセットがなし、ってお店は今のところなかったんですが・・・。
ですが。
あるとき、お店で運ばれてきたお皿の上にコリアンダーの姿はなく、代わりにそこに鎮座ましましていたのは、バジル
それがバジルだと気付いた瞬間、
「バジルゥ??」と思わず叫びそうになりました。
もっとも最初は気付かずに、「葉っぱの大きな立派なコリアンダー」だと思ってましたが。

コリアンダー、通称パクチーは、ヴェトナム料理に欠かせない香草です。
が、香りがかなり強くて独特なため、ヴェトナム料理苦手って人はまずこの香草がダメって人が結構いるんではないかと思います。
多分、アメリカ人でもコリアンダーを受け付けられない人が多いからバジルで代用させてしまうってことなのでしょうが・・・、

コリアンダーとバジルってぜんっぜんっ味違うよ!?(ーー;)
どこからバジルで代用させようって発想が浮かぶんだ!?


しかしこの代用方法、私の思いとは裏腹にかなり一般的なようです。
私が行ったヴェトナム料理店5店中、3店がこの代用方法を採用。
そしてなぜか、おしゃれな内装のヴェトナム料理店にこの傾向が強かったりします。

で、うちの場合。
行ったことのないヴェトナム料理店に出かけ、コリアンダーの代わりにバジルを発見すると、ダンナとツマは静かに顔を見合わせ「次回来店する確立」ゼロパーセントであることをお互い悟るようになりました。

その点、今お気に入りのヴェトナム料理店は普通にコリアンダーを使っています。
別のお店でバジルを載せたお皿に遭遇したあと、そこで新鮮そうなコリアンダーがごそっとお皿にのってくると、「おおっ、そうよ、これこれ、私が求めていたものはっ」と思わずもらい泣き(゚ωÅ) ・・・ まではしないけど、かなり嬉しいのは事実。

このお気に入りのヴェトナム料理店、唯一の難点はお客が少ないこと(笑)。
お店の簡素な作りと、リアルヴェトナミーズなテイストがアメリカ人受けしないのでしょうか?
予約なしにフラッと行ってもいつでも座れるのは嬉しいんですが、

つぶれやしないか、とっても不安。

やだよ、あるとき突然つぶれてたら。

★今回登場のお気に入りヴェトナム料理店はこちら。
  オススメは、生春巻き、フォー類、カレー類、カスタードプリン。
  Cafe Dalat Restaurant
  3143 Wilson Blvd., Arlington, VA 22201
  Phone : 703-276-0935



20050417042057.gif
ポチッと押していただけると嬉しいです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。