ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーベリーに恋をする

待ちに待った、ブルーベリー狩り
ついに、シーズン到来!!

そんなわけで、出かけました。
イチゴ狩りのときと同じ場所、Butler’s Orchard へ。

2006_0709_0009.jpg2006_0709_0003.jpg
  ここがブルーベリー畑    たわわに実ってる、実ってる♪

何しろ日本ではまだまだ高いブルーベリー。
ここでは新鮮、大粒、甘くて、しかも安い。たまりません( ̄¬ ̄)じゅる
去年友人に教えてもらって初めてブルーベリー狩りに来たのですが、以来すっかりトリコです。

が、うちの旦那さまは、実は去年、
「ブルーベリー摘みぃ??農場でぇ??野生のブルーベリーならともかく、何で農場で・・・」
という感じでした。
それでも、友人から話を聞いた私が行きたい行きたいウルサイもんで連れてってくれたんですが、その後の気に入りようは私に負けず劣らず。
今ではすっかり農場ブルーベリーに恋しておられます(笑)

さらに去年、野生のブルーベリーを試し、『野生のものはかなり酸っぱい』 ことを学習して以来、

「ブルーベリーはやっぱ農場だろ!」

と、当初と180度違う意見を放つようにさえなりました(^_^;)
いいな、その柔軟性。

20060715235143.jpg20060715235223.jpg
  収穫したブルーベリー    大きさ、実感してもらえますか?

さて、イチゴだったらデコレーションケーキが王道。
ブルーベリーだったら・・・。んー、やっぱりタルトかな( ̄ ^  ̄)
ってなことで、いっちょ頑張ってブルーベリータルトを作りました♪

じゃーん!
20060724231944.jpg
大粒ブルーベリーがとても良くマッチ


タルト生地作り → タルトフィリング生地作り → カスタードクリーム作り → デコレーションという、やったら面倒くさい工程をたどるため、1年に一度、作るか作らないかというタルト。
おかげで経験値が少なく、美味しく出来るかどうか、ドキドキもんでした(@@;)

タルトを食べた友人(日本人)の感想は・・・、

「なんか・・・」

え、なになに?ドキドキ。

「すっごい日本の味!」

お、コレは・・・、多分、褒め言葉・・・だよね??

「アメリカでは食べられないよね、こういうケーキ!すごい美味しい~!!」

ひゅ~。良かった、良かった( ̄。 ̄;)
ケーキはクッキーなんかと違って味見ができないから、実際に食べた人の感想聞くまで緊張するぜっ。

でも、こういうタルトが作れるのも、大粒ブルーベリーが安く手に入るアメリカならではなんだろうなぁ。
日本に帰ったら、なかなか手に入らないブルーベリーに恋心が募りそうな予感、今からしています(^▽^;)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。