ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Les Miserables (レ・ミゼラブル)観劇

ワシントンDCのナショナル・シアターにて、「Les Miserables 」(レ・ミゼラブル、通称『レミゼ』)を観劇してきました。



すでにロンドンで2回ほど観劇したことがあるし、見ようかどうか迷ってたんですよ。

でも、ラジオのクラシックFMをつけるたびに “ Last Engagement in Washington DC!(ワシントンDC、最後の興行!)”とか宣伝されちゃうし。
ロンドンで見たのももう、10年前だし。
ブロードウェーではすでに閉幕、これから先ロンドンに行っても、きっと見たことのない別の作品見ちゃうだろうし。

で、結局久々にレミゼのCDを取り出して聞いてたら、何かもう、見ずにはいられなくなっちゃったんですよね。

でも見終わって、見てよかったなぁってしみじみ思いました。
これでレミゼを見るのは3回目だけど、今までのなかで一番心にしみて、途中、目がウルウルしましたよ。

一番最初に見たのは、初めてロンドンへ行ったとき。
その時もくるくる回って場面転換する舞台とか、役者さんとかの歌唱力に「すごいなぁ」って感心したけど、何せストーリーがさっぱり分かんなかった。

むかーし読んだ「ああ無情」もすっかり忘れちゃってたし、何しろ登場人物が多くて筋が追いきれない。
加えて場面転換も多いし。

これほど世界各地で上演されている名作なんですが、ほとんど感動しなかったんですよね。
というかむしろ眠かった( ̄▽ ̄;)

その後、イギリス留学時代にもう一度、今度はストーリーを勉強してから見に行きました。
予備知識を仕入れていったので筋は分かったけど、今度はストーリーを追うのに一生懸命で、これまた感動という感じではなかったんです。

でも今回は、すでに登場人物もストーリーも曲も、頭の中に入っていました。
そして多分、10年前よりは少しだけ大人になった私。
少しだけ、社会という荒波に揉まれた私。

今回、10年前には分からなかった登場人物それぞれの思いが、分かり始めた気がしました。

主人公のジャン・バルジャンを捕えようと追い続けながら、彼に命を救われ、自分の信念が揺らいで自殺をしてしまうジャベール警部。
自分の娘の行く末を、ジャン・バルジャンに託すフォンティーヌ。
フォンティーヌの娘、コゼットを自らの娘のように慈しみ、コゼットのために彼女の恋人マリウスを救いに行くジャン・バルジャン。
マリウスの心がコゼットにあると知りながら、それでもマリウスを愛し続けるエポニーヌ。

動乱の中、それぞれが一生懸命生きていて、泥棒まがいのことばかりしているテナルディエ夫妻にさえも愛着が湧いてきてしまいました。

楽曲や舞台構成に関しては以前から素晴らしいと感じていましたが、今こうして見てみると人物造詣もかなりのものです。
このあたりが、やはり世界中で上演されている所以なのかもしれません。

今回特に素晴らしかったのは、ジャン・バルジャン役の役者さん。
張りがあって、温かみがあって、でも寂しげな感情表現も抜群の歌声に、ジャン・バルジャンの生き様を見ることができました。
プロフィールを見てみたところ、ブロードウェーの閉幕間際のレミゼでもジャン・バルジャン役をやっていたようです。
なるほどねぇ~と、妙に納得(^-^)

ジャベール警部役の方も良かったし、エポニーヌ役の役者さんの声も好きでした。

一つ残念だったのが、コゼットの母親フォンティーヌ役の役者さんがアジア系の方だったこと。
歌唱力や演技力は申し分ないのだけど、フォンティーヌはアジア系じゃない!!というイメージがあるもので、「うぅ~、なんか違うっ!!(--;)」という思いが拭いきれなかったです。

同じ作品でも、時間とともに感じ方が変わるものですね。
そんなことを思いながら、今、家でレミゼのCDをかけまくっております(笑)


<追記>
ニューヨークのストライキがようやく終了したようですね。
バスも地下鉄も走っておらず、タクシーはなかなかつかまらず、ニューヨーカーはこの寒い中、歩いて通勤してたとか。
数日前より友人が2人ほどニューヨークに行っているのですが、大丈夫だったんだろうか。。。(--;)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。