ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツに見る、アメリカ文化

アメリカで国民的人気を誇るスポーツとは?

ベースボールと答えたあなた。
チッチッチッ。
まだまだ甘いですね~。

バスケットと答えたあなた。
うーん。
惜しいですね~。

では答え。じゃじゃん。
アメリカンフットボール(通称、アメフト) です。

うさぎマーク調査事務所の調査によると、アメリカの人気スポーツ順位は
1位:アメフト
2位:バスケ
3位:ベースボール
となっております。( 調査対象 : アメリカ人1人 (^◇^;) )

はっきり言いまして、
アメリカ国民の皆さまのアメフトにかける熱意、ものすごいです。

レストランにあるバースペースには、必ず備え付けのテレビがあり、必ず流れているアメフトの試合。
1人の場合はビール片手にアメフト観戦、2人の場合も会話よりアメフト観戦。
一つ一つの重要場面では、ものすごい大歓声。
そんな光景は日常茶飯事です。

ボストンから帰るとき、空港内のレストランで夕食を取ってたんですよ。
でもそこはホレ、空港のレストラン。
きっかりと壁で区切られた空間ではなく、つい立てで軽く区切った空間にあるレストランだったんですよね。

で、お定まりのようにこのレストランにもバースペースがあり。
お定まりのようにそこにテレビがあり。
お定まりのようにアメフトの試合中継を流していたわけです。

んで、つい立てのすぐそばのテーブルで食事を待っていた旦那と私。
気付くとそのつい立てのすぐ外に人垣ができていました。
スーツケースを抱え、足を止めた人々の視線の先は・・・テレビ。

そう、皆さん一心不乱にテレビの試合を見つめているわけです。
「あなた、もう搭乗時間よ」 と呼ばれながらも、
「OK、ハニー。すぐ行くよ」 なんて答えながらも、
一向に動かずにテレビ画面を見つめるおじさまもいたりして。

ゆっくり夕食を食べたかった私たちにとっては人垣のおかげで落ち着かない夕食だったのですが、同時にその熱狂ぶりがとっても興味深かったりしました。
試合中継でこうなら、はたしてスタジアムの試合の熱狂ぶりはどんなんだろうか・・・?
ということで、行って来ました、アメフトの試合 in スタジアム。
ワシントンDCのチーム レッドスキンズ 対 オークランド レーダースの試合です。

DSCF1818.jpg

アメフトのルールなんかさーっぱり知らないのですが(^-^;)、一度スタジアムの熱狂ぶりも見てみたかったことだし、お誘いにのって行くことにしました。

試合開始は午後1時だったのですが、待ち合わせは午前10時。
何かやけに早い待ち合わせだな(・_・)?
スタジアム、遠いのかな?(←誘われるままに行ってるので、スタジアムがどこにあるかさえ知らないヤツ)

「スタジアム、遠いの?」と聞いてみたところ、
「いや、そんなに遠くないよ。ここ(待ち合わせ場所)から車で30分くらいかな。
 まぁでも、試合に見に来る人たちで渋滞するし、駐車場でバーベキューする時間も考えて早目の待ち合わせにしたんだ。」

ふーん、そうなんだぁ・・・
って、ちょっと待て、おい。
今、「駐車場」でバーベキューって言った・・・!?

果たして、スタジアムの駐車場に到着してみると、そこではすでにモクモクと煙があがっているのでありました。
ジョークじゃあなかったのね・・・( ̄◇ ̄;)


アメリカにおける、アメフト観戦ルール その1
・試合前は駐車場でバーベキュー。

DSCF1789.jpg
   駐車場に到着すると、    早速バーベキューの準備

DSCF1788.jpgDSCF1799.jpg
  手馴れた準備のもと、       肉が焼けていきます

試合前の駐車場でのバーベキュー、ホントに一般的なんだそうでございます。
人によっては、試合のチケットを買わずにく駐車場のチケットだけ買って、駐車場でバーベキューして試合中継のラジオに耳を傾けたりするんだそうな。

「僕も大学時代、大学対抗のアメフトの試合、実際試合を見たのは半分くらいだけど、毎回駐車場には行ってたさ!」(by アメリカ人)


アメリカにおける、アメフト観戦ルール その2
・肉が焼けるまでは、アメフトをして遊びましょう。
みんな、駐車場のあちらこちらで輪になってボール遊びをしていました。


で、お腹も膨れた頃にスタジアムに移動。
試合開始です!
ヒト、ヒト、ヒトでごった返すスタジアム。

DSCF1815.jpgDSCF1811.jpg

なんとこのスタジアム、9万人収容だそうな。
以前あった5万人収容のスタジアムではお客を収容しきれなくなって、新しくスタジアムを建設したというお話。
5万人で足りないって・・・。東京ドームは何人収容だったけ・・・。

さて、9万人の観客の声援というのはすごかったです。
文章で表現できないくらい、ものすごかった。
スタジアムの中にいるだけで、アメリカで国民的人気を誇るスポーツだということが、まさに体感できました(^_^;)

でも実は、試合が始まる前からまずはバーベキューをして楽しむ、というその姿勢に一番感心してしまった日だったりしました(笑)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。