ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DCメトロ パート1

車がないと生活できないアメリカ、とよく言われます。
が、ここワシントンDCは地下鉄(通称、メトロ)も比較的発達していて、私もよく利用します。

今日はそんなワシントンDCのメトロについて。
とりあえずパート1です。

~DCメトロ、電車待ち編~

メトロの駅構内はものすご~っく暗い。
最初は待ち時間に本でも読もうかと思ったけど、暗くて目に悪そうなのですぐに断念。
やることないので、ひたすらぼぉ~っと電車を待ちます。

欧米人は目の色素が薄いので、蛍光灯のような明るい光は眩しすぎるようです。
おかげでどこもかしこも薄暗いところが多く、日本では煌々とした光の代名詞のコンビニでさえ、アメリカでは薄暗い。
初めてアメリカのセブンイレブンに行ったときには、その薄暗さ&品薄さに幻滅したものでした。

さて、待ち時間は電光掲示板で確認。
電光掲示板に「OR New Carrollton 8」と出ていれば、「オレンジライン、New Carrollton 行、8分後到着」の意味。
(DCのメトロは、路線を色で分けています。オレンジブルーグリーンレッドイエローといった具合に。)

電車が駅構内に進入してくると、「OR New Carrollton ARR」に表示が変わり、
さらに駅構内に停止しているときは、「OR New Carrollton BRD」に表示が変わります。

「ARR」は「ARRIVING = 到着中」の略だろーなーってすぐに想像ついたんですが、「BRD」ってずーっと謎だったんですよね。
で、旦那と2人、メトロでお出かけしたときに、旦那に聞いてみたわけです。

ツ マ:「ねーねー、あのBRDってさ、どんな意味なのかなー。」
オット:「俺もさ、ずっと分かんなかったんだけど、この間ようやく分かったよ。」
ツ マ:「え、何、何、何の略語なの?辞書引いても載ってないんだよねー。」
オット:「何だと思う?」
ツ マ:「えーっと、BRDでしょ、BRD・・・。
     BRD・・・、んーとね、BRIDGE(ブリッジ)!!

答えた瞬間、旦那からおでこをはたかれました。あうぅっ(T▽T)
だって、だって・・・。それしか思い浮かばなかったんだもん・・・。

えー、正解はどうやら、「BORDING = 乗車中」の略らしいです。
それにしてもARR → BRD に表示換えする意味がよく分かんないです。
飛行機じゃああるまいし、わざわざ「乗車中」ってことを示して何かいいことあるんだろーか??

2~3分おきに電車が来る東京の地下鉄に慣れてしまうと、DCメトロでの待ち時間はひっじょーに長い。
ラッシュアワーでない平日の昼間などは本数も減り、時には20分待ちです。

タイムテーブルが一応あって、乗換え時間5分になっていても、実際には20分待ちということもざら。
複数路線が乗り入れている駅では通常、複数路線が交互にやってくるはずが、同じ路線が2本続けてやってきたりします。
余裕、余裕♪と思って家を出たのに、いつも待ち合せ時間ギリギリになるのは何故・・・( ̄▽ ̄;A

たまにトラブルで本当に電車が遅れているときは電光掲示板に「Minor Delay(少々の遅れ)」と表示されます。
が、「Minor Delay」なんていつものこと。
こう表示されてるときは「Major Delay(大きな遅れ)」があると思った方が、認識としては正しいんじゃなかろーかと個人的には思ってるんですが。


20050417042057.gif
次回はDCメトロ乗車編。
応援クリックありがとうございます!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。