ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ人の英語

アメリカに来てまずショックだったのが、アメリカ人のしゃべっている英語がなかなか理解できない、ということ。
はっきり言って、「さっぱり分かんねぇ~( ̄_ ̄;)」って状態でした。

「イギリスにいたことあるの?じゃあ、もう最初から英語は大丈夫だったでしょう?」
って、良く言われるんですが、いえいえ、とんでもございません。
あまりに分からなすぎて、「あたしの英語力ってさぁ・・・(T-T)」と落ち込んだりしたんですよ。

私たち夫婦がちょうどアメリカに来た頃、イギリス留学時代の友人がワシントンDCまで遊びに来てくれました。
中国人で福建州の外務省勤め彼は、偶然にも1年半前ほどからニューヨーク州の大学で博士コースを取っていたんです。

彼なら当然アメリカ英語も大丈夫だったんだろうな~、って思ってたんですよ。
海外に住んだのはイギリスが初めてだったらしいんですが、何しろいつもいろんな国に出張に行っていたし、アメリカにも何度も来たことのある人だったので。
でも、そんな彼でもアメリカ英語は慣れるまで3ヵ月はかかったらしいです。

イギリス英語とはしゃべり方も発音も単語使いも何もかもが違うんですね。

そういえば留学から帰国した頃、アメリカ留学帰りの同級生2~3人から「留学中イギリスに遊びに行ったら、英語が全然分からなくてびっくりしたよ!」って言われたな。
そのときは「ふーん、そんなものか」と思っただけでした。
が、自分がアメリカに来たら、その逆パターン、身をもって体験してます(^_^;)

人種のるつぼのアメリカだけあって、この国にはいろんな英語をしゃべる人がいます。
ネイティブスピーカーの英語の先生でさえ、「いろんな英語をしゃべる人がいるから、ときどき分からないときがあるわよ」なんて言ってたりしました。

お店でもよく「はぁ?」って聞き返されるんですよね。
その聞き返し方がまた、感じ悪いんだ~( ̄◇ ̄;)

「お客様は神様」っていう日本のカスタマーサービス、教えてやりたいぞぉおっ!!と、思う瞬間。

そーゆーときって、「つ、通じない・・・(T_T)」としょげかえるより、「あたしが正しいのよっ」って胸をはって主張するのが勝ち。
だーって、相手もネイティブスピーカーじゃなかったりしますからね。

不思議なことに、同じネイティブスピーカーでもアジア系アメリカ人の方が聞き取りやすい英語をしゃべってくれます。
何ででしょうね?
口の構造とか、似てるのかな?

英語圏の国にいると、やっぱり自分の英語ってまだまだだなぁ~って思うことばかり。
だからSeinfeldを見て、英語教室行って、お店や電話対応で悔しい思いをして、英語の学習に励んでいるわけです。

でも好きなテレビ番組を見ることが「勉強」になるのって、結構お得かもなー(笑)


20050417042057.gif
ランキング参加中です♪クリックしてくださると嬉しいです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。