ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯サッカー

いい加減、予想はついていたけれど。
やぁ~っぱり、W杯サッカーの盛り上がりに欠ける、ここアメリカ。

いや、別に私もサッカーファンってわけじゃないんですが。
いつも周囲の雰囲気にのってにわかファンになるのが常だったくらいですし。
でもなんか、楽しいじゃないですか。
そういう雰囲気を楽しむのって。

でもアメリカでは無理そうですね。
オリンピックやWBCのときの経験から、そうだろうと予想はしていたのですが。

この国はどうしてこう国際的なスポーツの祭典に無関心なんだ( ̄- ̄;)!?

日本はきっと連日この話題で持ちきりだろうに。
先日の試合はものの見事な逆転負け。
それでもその敗戦の原因だとか、次回の試合に向けえた対策だとか、そんな特集がたくさん組まれていたりするんだろうに。

だけど、トリノオリンピックやWBCのときよりは随分扱いがまとも。
だって、日本の試合もライブで中継が見られたし。

トリノオリンピックの試合は録画映像だったし、WBCのときは大学対抗バスケだったかホッケーだったで中継がなかなか始まらなかったから、それに比較すれば・・・ね。
やっぱり南米系の移民が多いからかしらん( ̄^ ̄)
何気なくつけたW杯関連のテレビは、ものの見事にスペイン語での放送だったし。
さすが。やはりサッカー=南米系。

この間の日本の試合見てみましたが、1人で見ててもおもしろくないもんですねぇ。
日本だったらアパートの隣の部屋から歓声が聞こえたりとか。
外で騒いでいるたちの声が聞こえたりとか。
翌日の会社で話題になったりとか。
そーゆーのが全然ないと熱中することのできない、
あくまでもにわかファンな私( ̄▽ ̄;)

ちなみにサッカーはアメリカ英語でも「サッカー」ですが、イギリス英語では「フットボール」。
イギリス留学時代、「チップス(アメリカ英語=フレンチフライ)」と並んで間違えやすい単語でした。
「サッカー」と言いそうになりながら「フットボール」。
「フレンチフライ」と言いそうになりながら「チップス」。
そうやって自分に言い聞かせ、ようやく「フットボール」と「チップス」が標準英語になったというのに。

今やその逆。
「フットボール」と言いそうになりながら「サッカー」。
(アメリカ英語で「フットボール」は「アメフト」のこと。)
「チップス」と言いそうになりながら「フレンチフライ」。
ものすご~く、紛らわしいです(T▽T)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。