ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史上の人物、その英語式発音

さて、今回も引き続きコミュニティカレッジネタです。
前回お話したとおり、授業を取るまでは 苦労の連続 でした。
正直、 「こんなんしてまで授業取る意味あんのかな~」 と思ったくらい。

でも、実際の授業がすごく面白い。
あたった先生も良かったのか、歴史の授業といっても単なる事実の羅列じゃなく、その時代に生きた人たちの話という感じで、かなり楽しい授業です。

そんな私が取ってる授業は西洋文明史。
英語で言うと History of Western Civilization。
コミュニティカレッジで歴史の授業を取っています、って言うと、十中八九、「アメリカの歴史?」って聞かれますが違います。
アメリカにいるんだから、本場でアメリカの歴史を習うという手もあったんですが、私、昔っからヨーロッパが好きだったもんで。

去年一時帰国をして、X年ぶりに大学時代の恩師(女性)に会い、そんな話をしてたらですね、先生は一言、
「ま、それは当然の選択じゃない?アメリカの歴史なんて、
たった200年程度で歴史って呼ばないで欲しいですよね
と、ばっさりお切捨てになりました。
彼女の専門はこれまたヨーロッパ。
さ、さすがです、先生。わたしゃそこまで言い切れましぇん・・・( ̄▽ ̄;)

さて、この授業、私にとっての一つの発見ってものがありまして。
それは、

歴史上の人物の読み方が
かーなーり、日本式発音と違う


ってことでした。

例えばですね、
                日本式      英語式
①Octavian    : オクタヴィアヌス オクタヴィアン
②XerXes      : クセルクセス   ザークセーズ
③Charlemagne : カール大帝    シャーロメー

とまぁ、こんな感じ。

①くらいなら、ま、しょうがないか~と思う程度だけれども、②~③くらいになると、
「なぜにザークセーズ、なぜにシャーロメー!?!?( ̄O ̄;)」
とかなり腹立たしくなってきたりして。

当り前ですが授業っつーのは聞くのが基本。
シャーロメー??高校世界史で習った記憶がないなーと思ってると、
なんのこたぁない、カール大帝じゃんっ!!!といったことが多々あります。

つい先日も中世イギリスとフランスの百年戦争の話で、ジャンヌダルクが出てきたんですが、英語風に言うと 「Joan of Arc (ジョアン・オブ・アーク)」 。
先生が言う 「ジョアン」 が最初 「ジョン」 に聞こえ、んー男の人の話ねー、と思って聞いてたら、 「Peasant Girl (農民の女の子) 」 とか言い始め、へっ???( ̄ ^  ̄)と思って聞いてたら、実はジャンヌダルクの話だった、というワケです。

少しは慣れてきたつもりだけど、わっかんねーなーという思いを新たにしたのでありました。

なまじ英語という言語はアルファベットを読めるがために、英語式の発音を当てはめちゃうんですよね。
ひるがえって日本語は、アルファベットがないために、耳で聞いた音をそのままカタカナで表現します。
どちらが元々の言葉に近いかというと、カタカナのはず。
なにしろ聞いた単語をそのまま文字にしているんですから。

高校時代は高校時代で、横文字カタカナばかりの歴史の授業に辟易したもんですが、今はさらに主要人物のスペリングも覚えなきゃいけなくて、カール大帝のスペリング (Charlemagne) なぞ、いまだに覚えきれておりません。
あ、いかん、でもそろそろ覚えなきゃ。
5月には期末試験が待っているの~るるるるる~(T▽T)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。