ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックテープとベルクロウ

ここワシントンDCもすっかり冬。
すでに雪も何度か降り、寒さがどんどん厳しさを増しています。

毎日毎日、
「だーかーらっ。最高気温が31度ってどういうことよっ!!」
と、行き場のない怒りがこみあげてくるというもんです。
(注:華氏31度とは、摂氏で約0度。言っておきますが、最高気温ですよ!?)

しかし、ちょっと雪が積もっただけで結構大騒ぎのDC。
東京と違って毎年毎年それなりに降ってるんだろうから、もちょっと雪に対する心構えがあってよさそうなもんなのに( ̄- ̄;)
と思う私はやっぱり雪国育ちなんだろーか。

さて、本日は久しぶりに英語の話題。

外来語を表記する 『カタカナ』 まで存在する日本語よろしく、日本では英単語がそのまま定着してたりします。
おかげですんなり覚えられる英単語もあった一方、『英語だと信じて疑わなかったけど、実は違った』なんて経験もかなりあったりしました。

さすがに 『パン』 が英語だとは思わなかったけど、
その昔、 『ホチキス』 は絶対に英語だと信じて疑わなかったもんなぁ。
(英語では 『ステイプラー』です)

そしてアメリカに来て間もなく知ったニューワード。
それが 『Velcro (ベルクロウ)』 でした。

何のことか分かります?
これ、 『マジックテープ』 のアメリカでの呼び名です。
『マジックテープ』 なんて、絶対に英語だと思ってた ( ̄◇ ̄;)

ということで、新しい単語を仕入れたワタクシ、得意げな笑顔を浮かべて旦那さまに教えてあげました。フッフフ~ン。

「ねぇねぇ、マジックテープって、英語で何て言うか知ってる~?」
「ベルクロウだろ?」

が~ん。

あたしが、あたしがっ、 『ええっ、そうなのかっ!?』 ってリアクションできる新しい単語を仕入れてきたというのにっ。

旦那さま曰く、仕事の関係上「知ってるのが当り前」な単語なんだそーなんです。
ふーん、そーなんだ。
仕事柄、知ってんだ。

でも。
でもっ!!

なぜか敗北感。

そんなわけで、旦那さまの英語力を凌駕すべく、日々、精進中でございます。
え、負けず嫌い?
ええ、良く言われます(笑)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。