ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お得(?)な量り売り

アメリカのスーパーマーケットの野菜や果物はほとんど量り売りです。
必要な分を必要な量だけ買えるようになっていて、とっても便利。

好きなだけ袋につめてレジまで持っていったら、レジの人が量りに乗せて野菜の品名をインプット。
そうすると金額が計算される仕組みになっています。

当然、レジの人はお客さんが買おうとしている野菜が何か分かってないとレジができないわけですね。
ということで、懸念はこんなにたくさんの野菜や果物があって、レジの人は間違えないのかなぁ~ってこと。
でもね、見てたらやっぱり間違えます( ̄  ̄;)

私は普段、日本食材も豊富な韓国系のスーパーマーケットと近所のアメリカ系スーパーマーケットを併用して使っています。
韓国系スーパーは車でないと行けないので、週1回のペースでまとめ買い。
あとは必要なものをちょくちょくアメリカ系スーパーで買うというスタイル。

この間、シイタケが欲しかったのですが韓国系スーパーに行っている暇がなかったので近所のアメリカ系スーパーへ。

実はアメリカ系スーパーでもシイタケ売ってます。
マイナーで多分アメリカ人はほとんど使わないだろうけど、マッシュルームコーナーにひっそりと置いてあります。
名前はそのものずばり、“Shiitake Mushroom”

ちょっと肉厚感に乏しいし香りも薄いですが、シイタケはシイタケ。
買う人が少なくて1ポンドあたり$5.99と高めですが、必要なだけ4~5つくらい買うのであればそんなに値も張りません。
この日も5つだけ袋に放り込みました。

他にも必要な野菜をちょこちょこカゴに入れて、レジへ。
ここでシイタケを買うときはいつもレジの人から「これ何?」と聞かれていたので、今日も聞かれるんだろうな~と心の準備をしていました。

そんなに毎回聞かれるって、よっぽど誰も買わないんでしょうね。
まー、確かに結構ひからびたのもあって、毎回いいの選ぶの苦労するんだけどさ。

さて、レジ係りのお兄ちゃんがカゴから野菜を取り出して聞いてきました!
「これ、何?」
答えようと思った私、ちょっと拍子抜け。
・・・だって、シイタケじゃないんだもん。
「それ?リーク(ネギみたいな野菜)」と答えながら一抹の不安を覚える私。

リークってアメリカでそれなりに普通の野菜、だよね・・・?( ̄∇ ̄;)
なんかこのお兄ちゃん、レジあんまり慣れてなさそう・・・。
こりゃ絶対シイタケ聞かれるな・・・。

さて、次々と他の野菜をレジに通していたお兄ちゃん、ついにシイタケが入った袋に手をかけたのですが。
なんと、一度手に取ってしばし眺めたあと、レジに通さずまたカゴに戻しちゃったんです!!
あ、あのー、分かんないやつを最後に回したい気持ち分かるけど、

聞いて!頼むから!!ヾ( ̄_ ̄;)

で、そのシイタケ、やっぱり最後にカゴからピックアップされました。
「お、くるかなぁ~?今度こそ。質問が。」と構える私。
が、レジ係りのお兄ちゃんはちょっとシイタケを見つめたあと、何がしかの野菜の品名を打ち込み、私に質問することなくレジを通しちゃったのです!

うーん、絶対シイタケって分かってないけど、面倒くさいから、まぁいいや、これで。
と、黙ってお会計して帰ってきちゃいました。

あとでレシート見たら“PORTABELLA”(ブラウンマッシュルームが成長してできたキノコ)になっていました。
惜しい!!ブラウンマッシュルーム!分かる、分かる、その気持ち!

ちなみに、1ポンドあたり$3.99でシイタケより安かったです。
ラッキー、得しちゃった♪
・・・でも50円くらいの話なんですけどね。

きっとリークを聞いちゃって、そのあと聞きにくくなっちゃったんだろうな~、あのお兄ちゃん。
どういう行動に出るか興味深くて、自己申告してあげなかった私も私なんですが(笑)
次回は自分から言ってあげよう、うん。

20050620003712.jpg
誰が何と言おうと、僕はシイタケ

で、また別の日。
韓国系スーパーでキャベツを買ったわけです。

キャベツも量り売りで、3種類あるうちの一番値段が高いのを買ったんです。
このうち2種類はホントに区別がつかないくらい良く似てるんですね。
でもレジのお姉さん、間違えませんでした。
ホントにピタリとどのキャベツか当てていました。

この韓国系スーパーのレジはまず間違えることがありません。
恐るべし。・・・って、これが普通か?ひょっとして(笑)


20050417042057.gif
ブログランキング参加中♪投票していただけると嬉しいです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。