ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史上の人物、その英語式発音

さて、今回も引き続きコミュニティカレッジネタです。
前回お話したとおり、授業を取るまでは 苦労の連続 でした。
正直、 「こんなんしてまで授業取る意味あんのかな~」 と思ったくらい。

でも、実際の授業がすごく面白い。
あたった先生も良かったのか、歴史の授業といっても単なる事実の羅列じゃなく、その時代に生きた人たちの話という感じで、かなり楽しい授業です。

そんな私が取ってる授業は西洋文明史。
英語で言うと History of Western Civilization。
コミュニティカレッジで歴史の授業を取っています、って言うと、十中八九、「アメリカの歴史?」って聞かれますが違います。
アメリカにいるんだから、本場でアメリカの歴史を習うという手もあったんですが、私、昔っからヨーロッパが好きだったもんで。

去年一時帰国をして、X年ぶりに大学時代の恩師(女性)に会い、そんな話をしてたらですね、先生は一言、
「ま、それは当然の選択じゃない?アメリカの歴史なんて、
たった200年程度で歴史って呼ばないで欲しいですよね
と、ばっさりお切捨てになりました。
彼女の専門はこれまたヨーロッパ。
さ、さすがです、先生。わたしゃそこまで言い切れましぇん・・・( ̄▽ ̄;)

さて、この授業、私にとっての一つの発見ってものがありまして。
それは、

歴史上の人物の読み方が
かーなーり、日本式発音と違う


ってことでした。

例えばですね、
                日本式      英語式
①Octavian    : オクタヴィアヌス オクタヴィアン
②XerXes      : クセルクセス   ザークセーズ
③Charlemagne : カール大帝    シャーロメー

とまぁ、こんな感じ。

①くらいなら、ま、しょうがないか~と思う程度だけれども、②~③くらいになると、
「なぜにザークセーズ、なぜにシャーロメー!?!?( ̄O ̄;)」
とかなり腹立たしくなってきたりして。

当り前ですが授業っつーのは聞くのが基本。
シャーロメー??高校世界史で習った記憶がないなーと思ってると、
なんのこたぁない、カール大帝じゃんっ!!!といったことが多々あります。

つい先日も中世イギリスとフランスの百年戦争の話で、ジャンヌダルクが出てきたんですが、英語風に言うと 「Joan of Arc (ジョアン・オブ・アーク)」 。
先生が言う 「ジョアン」 が最初 「ジョン」 に聞こえ、んー男の人の話ねー、と思って聞いてたら、 「Peasant Girl (農民の女の子) 」 とか言い始め、へっ???( ̄ ^  ̄)と思って聞いてたら、実はジャンヌダルクの話だった、というワケです。

少しは慣れてきたつもりだけど、わっかんねーなーという思いを新たにしたのでありました。

なまじ英語という言語はアルファベットを読めるがために、英語式の発音を当てはめちゃうんですよね。
ひるがえって日本語は、アルファベットがないために、耳で聞いた音をそのままカタカナで表現します。
どちらが元々の言葉に近いかというと、カタカナのはず。
なにしろ聞いた単語をそのまま文字にしているんですから。

高校時代は高校時代で、横文字カタカナばかりの歴史の授業に辟易したもんですが、今はさらに主要人物のスペリングも覚えなきゃいけなくて、カール大帝のスペリング (Charlemagne) なぞ、いまだに覚えきれておりません。
あ、いかん、でもそろそろ覚えなきゃ。
5月には期末試験が待っているの~るるるるる~(T▽T)


スポンサーサイト

マジックテープとベルクロウ

ここワシントンDCもすっかり冬。
すでに雪も何度か降り、寒さがどんどん厳しさを増しています。

毎日毎日、
「だーかーらっ。最高気温が31度ってどういうことよっ!!」
と、行き場のない怒りがこみあげてくるというもんです。
(注:華氏31度とは、摂氏で約0度。言っておきますが、最高気温ですよ!?)

しかし、ちょっと雪が積もっただけで結構大騒ぎのDC。
東京と違って毎年毎年それなりに降ってるんだろうから、もちょっと雪に対する心構えがあってよさそうなもんなのに( ̄- ̄;)
と思う私はやっぱり雪国育ちなんだろーか。

さて、本日は久しぶりに英語の話題。

外来語を表記する 『カタカナ』 まで存在する日本語よろしく、日本では英単語がそのまま定着してたりします。
おかげですんなり覚えられる英単語もあった一方、『英語だと信じて疑わなかったけど、実は違った』なんて経験もかなりあったりしました。

さすがに 『パン』 が英語だとは思わなかったけど、
その昔、 『ホチキス』 は絶対に英語だと信じて疑わなかったもんなぁ。
(英語では 『ステイプラー』です)

そしてアメリカに来て間もなく知ったニューワード。
それが 『Velcro (ベルクロウ)』 でした。

何のことか分かります?
これ、 『マジックテープ』 のアメリカでの呼び名です。
『マジックテープ』 なんて、絶対に英語だと思ってた ( ̄◇ ̄;)

ということで、新しい単語を仕入れたワタクシ、得意げな笑顔を浮かべて旦那さまに教えてあげました。フッフフ~ン。

「ねぇねぇ、マジックテープって、英語で何て言うか知ってる~?」
「ベルクロウだろ?」

が~ん。

あたしが、あたしがっ、 『ええっ、そうなのかっ!?』 ってリアクションできる新しい単語を仕入れてきたというのにっ。

旦那さま曰く、仕事の関係上「知ってるのが当り前」な単語なんだそーなんです。
ふーん、そーなんだ。
仕事柄、知ってんだ。

でも。
でもっ!!

なぜか敗北感。

そんなわけで、旦那さまの英語力を凌駕すべく、日々、精進中でございます。
え、負けず嫌い?
ええ、良く言われます(笑)


アメリカ人の英語

アメリカに来てまずショックだったのが、アメリカ人のしゃべっている英語がなかなか理解できない、ということ。
はっきり言って、「さっぱり分かんねぇ~( ̄_ ̄;)」って状態でした。

「イギリスにいたことあるの?じゃあ、もう最初から英語は大丈夫だったでしょう?」
って、良く言われるんですが、いえいえ、とんでもございません。
あまりに分からなすぎて、「あたしの英語力ってさぁ・・・(T-T)」と落ち込んだりしたんですよ。

私たち夫婦がちょうどアメリカに来た頃、イギリス留学時代の友人がワシントンDCまで遊びに来てくれました。
中国人で福建州の外務省勤め彼は、偶然にも1年半前ほどからニューヨーク州の大学で博士コースを取っていたんです。

彼なら当然アメリカ英語も大丈夫だったんだろうな~、って思ってたんですよ。
海外に住んだのはイギリスが初めてだったらしいんですが、何しろいつもいろんな国に出張に行っていたし、アメリカにも何度も来たことのある人だったので。
でも、そんな彼でもアメリカ英語は慣れるまで3ヵ月はかかったらしいです。

イギリス英語とはしゃべり方も発音も単語使いも何もかもが違うんですね。

そういえば留学から帰国した頃、アメリカ留学帰りの同級生2~3人から「留学中イギリスに遊びに行ったら、英語が全然分からなくてびっくりしたよ!」って言われたな。
そのときは「ふーん、そんなものか」と思っただけでした。
が、自分がアメリカに来たら、その逆パターン、身をもって体験してます(^_^;)

人種のるつぼのアメリカだけあって、この国にはいろんな英語をしゃべる人がいます。
ネイティブスピーカーの英語の先生でさえ、「いろんな英語をしゃべる人がいるから、ときどき分からないときがあるわよ」なんて言ってたりしました。

お店でもよく「はぁ?」って聞き返されるんですよね。
その聞き返し方がまた、感じ悪いんだ~( ̄◇ ̄;)

「お客様は神様」っていう日本のカスタマーサービス、教えてやりたいぞぉおっ!!と、思う瞬間。

そーゆーときって、「つ、通じない・・・(T_T)」としょげかえるより、「あたしが正しいのよっ」って胸をはって主張するのが勝ち。
だーって、相手もネイティブスピーカーじゃなかったりしますからね。

不思議なことに、同じネイティブスピーカーでもアジア系アメリカ人の方が聞き取りやすい英語をしゃべってくれます。
何ででしょうね?
口の構造とか、似てるのかな?

英語圏の国にいると、やっぱり自分の英語ってまだまだだなぁ~って思うことばかり。
だからSeinfeldを見て、英語教室行って、お店や電話対応で悔しい思いをして、英語の学習に励んでいるわけです。

でも好きなテレビ番組を見ることが「勉強」になるのって、結構お得かもなー(笑)


20050417042057.gif
ランキング参加中です♪クリックしてくださると嬉しいです。


英会話クラス、終了

4月から行き始めた英会話クラスが、今日で最後でした。
生徒は私を含め3人、みんな日本人。
毎回毎回授業がとっても楽しかったので、それが終わってしまうかと思うとちょっと寂しい(;_;)

先生はいつもとっても細やかに気を配ってくれて、すごく親切にしてくれました。
そのお礼もかねて、生徒みんなからちょっと洒落たマグカップをプレゼント。
実は先週の授業のあと、みんなで先生へのプレゼントを買っておいたのです。
先生も喜んでくれたので良かったです♪

ラッピングは私が請け負ったのですが、適当なリボンが近くのお店に見つからず、どうしようかな~と思ってたんですね。
で、ふと思いついて「折り紙」でアレンジしてみました。

20050616113018.jpg20050616113034.jpg
      全体像         クローズアップするとこんな感じ

思いのほか、いい感じ。
生徒も3人ということで、バラの花も3つです。
って、実は単なる偶然なんですが(笑)
出来上がってから「お、生徒も3人だし、ちょうどいいじゃ~ん!」と思ったんですけどね(^◇^)

ラッピングの仕上り具合を事前にメールでクラスメートに報告したら、な~んと、クラスメートのMさん、グリーティングカードにも折り紙細工施してくれました!
いや、ホント、折り紙って偉大。
ちょっと細工するだけで一気に華やかになります。

今日はチョコレートブラウニーも焼いて持っていきました。
で、このブラウニーを持っていった箱も折り紙細工。

20050616113046.jpg

プレゼント用に買った包装紙の余りで作ってみました。
この箱、思いのほか好評です。
先生のみならずクラスメートにも人気。
もしかして中身のブラウニーより好評だったかも!?
自分の好きなサイズに、手軽に作れるっていうの、やっぱりいいですよね。

最後の授業ということで、今日は他にもいろいろなイベントが。

クラスメートのNからは、みんなで出かけたときの写真をいただき。
同じくクラスメートのMさんからは、手作りパンをいただき。
先生からは、アメリカ国旗柄のクリスマスオーナメントをいただき。

20050616113054.jpg20050616113104.jpg
 この手作りパン、美しい・・・  これを見ると先生の顔が浮かぶなぁ

こんなに楽しく過ごせたのは、先生とクラスメート達のおかげです。
先生は単なる英語だけでなく、アメリカ文化もいろいろ教えてくれて、いろんな意味で助けられてきました。
授業が終わっちゃったのは寂しいけど、これからもたまに会って、いろいろな話をしながらアメリカ生活を一緒に楽しめるといいなと思ってます。

Thank you so much for My Teacher & My Classmates!!


20050417042057.gif
ランキング参加中です♪よければポチッとクリックしてください!!


イギリス英語vsアメリカ英語

もう随分前になっちゃいましたが、イギリスに1年間住んでたことがあります。
海外に長期間滞在したのはそれが始めての経験だったもので、私にとってはいまだにイギリス英語の影響力が絶大。
おかげでここアメリカでは「は?」って顔をされたりすることもしばしばです(T◇T)

アメリカに来て間もない頃、レストランでの話。
付け合せはコールスローとポテトのどっちがいいかと聞かれ、“Chips, please (チップスで)”と答えた私。
ウェイターのお兄ちゃんから「は?」と問い返されました。
・・・しまった・・・、そーいやー、「チップス」ってイギリス英語だった・・・(-_-;)

イギリス英語vsアメリカ英語 その1
イギリス英語 : フライドポテト = チップス
アメリカ英語 : フライドポテト = フレンチフライ


再び、レストランでの話。
飲み物のオーダーを聞かれて“Have you got orange juice? (オレンジジュースはありますか)”と尋ねた私。
ウェイターのお兄ちゃん、一呼吸おいてから「ありますよ」と答えました。
この一呼吸の間は何なんだろーか?とちょっと不思議に思ったもんです。
すると、隣に座ってた旦那がボソリと一言。
「“Have you got ~”って言い方、イギリス英語だよなー。」
・・・あれ、これってアメリカじゃ普通じゃないの・・・??(-_-;)

イギリス英語vsアメリカ英語 その2
イギリス英語 : “Have you got orange juice?”
アメリカ英語 : “Do you have orange juice?”


その他にもいろいろありましてですねー、

例えばロンドンの地下鉄だと電車のドアが開いたときに必ず “Mind the gap (ホームと電車の間の空いた部分に注意)”という放送が流れるんですが、“Mind”を使うのはイギリス英語。
これをアメリカ英語に直すとすると、“Watch the gap”になります。(こんな放送、アメリカじゃ流れませんが)

“elevator (エレベーター)”もアメリカ英語で、イギリス英語では“lift (リフト)”。
“elevator、elevator”って連呼してたら、イギリス人の知人ご夫妻に「イギリスではね、“elevator”じゃなく“lift”って呼んでるのよ」と言われたことがあります。
ははっ、さようでございますかっ。
と、以来、エレベーターを英語で言うときは“lift”と呼んでいる私。

またイギリス英語では、ステキなお洋服も“lovely”、いいお天気も“lovely”、おいしい食事も“lovely”ですが、アメリカに来るとさすがに聞きません、この“lovely”という単語。
代わりに“cool”という単語を良く耳にするようになりました。

発音もこんな風に違ったりします。
イギリス英語vsアメリカ英語 その3
often → イギリス英語 : オフトゥン / アメリカ英語 : オッフン
either → イギリス英語 : アイザー / アメリカ英語 : イーザー
neither → イギリス英語 : ナイザー / アメリカ英語 : ニーザー


学校で習ってた英語はアメリカ英語だったはずなんですけどねー。
たった1年の間だったんですが、私のなかにはイギリス英語が浸透してしまったようです。

先日、アメリカ人の方から「ブリティッシュアクセントがあるね」とまで言われてしまいました。
「ジャパニーズアクセント」の間違いじゃなかろーかと思いましたが(^_^;)

んで、ここアメリカでどうしてるかというと。
よっぽど通じないときを除いてはイギリス英語で押し通してます。
だって面倒くさいし(笑)。


20050417042057.gif
ランキング参加中♪クリックしてくださると嬉しいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。