ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米比較、フルーツの巻

先日の記事に書いたブルーベリータルト。(これ↓)

20060724231944.jpg

友人から、
『銀座のキルフェボンのタルトくらいおいしかったよ!』
と、お礼のメールが届きました。

んー、なんて最大級の褒め言葉!(*^^*)と喜んではみたものの。
実は、肝心の「キルフェボン」なるお店を知らなかった私( ̄▽ ̄;)
早速ググッてみました。
ああ、インターネットさまさま。何て便利な世の中なんでしょーか。

難なく発見、キルフェボンのホームページ
どうやらフルーツタルトで有名なお店のよう。
まぁなんとアメリカではお目にかかれないような美しいフルーツタルトのオンパレードです。

う、美味そう~~~~っ!!!
アメリカじゃ有り得ないわ、この芸術的作品・・・。

しばし、その美しさに目を奪われていたのですが、次の瞬間、値段を見て驚愕しました。

1ピース、945円。
25cmホール、9,030円。

(※「国産ブルーベリーのタルト」の場合)

まじ(@@;)!?

私のブルーベリータルト、9,000円で売れる!?
(↑誰もそんなことは言っていない)

しかも、「宮崎産 完熟マンゴーのタルト」にいたっては、
1ピース、1,890円。
25cmホール、17,955円。


あっ、いかん、クラクラしてきた。
た、高すぎっ。
ケーキ一切れに、1,890円ですって!?

何でもこの「宮崎産 完熟マンゴー」なるものは、
「収穫間近のマンゴーに一玉一玉丁寧にネットをかけ、樹上で十分な養分を吸収させながら完熟を待ち」、
「完熟したマンゴーはそのネットに自然落下する」
のだそうでございます。

・・・すごい手間。すごい人件費。そりゃ高いわ(--;)

日本のフルーツはそれはそれは美味だけど、やっぱりその分、すごい手間と労力をかけていて、フルーツって何だかとっても高級品
そこまで手間ひまかけんでも、もちっと安く売ってくれてもいいのになぁ~って思うこともしばしば。

アメリカに来ると、フルーツって全然高級品じゃありません。
手間ひまかけてない分(=アメリカ人の性格上、日本人のような手間ひまをかける発想がないとも言う)、日本より甘味がなかったりするけど、素朴な感じで、私は好きです。

どれもこれも、日常的に手軽に買えるから、お菓子作りにも惜しみなく使えるし。
日本みたいにフルーツを贈り物にするなんてこと、アメリカではないんじゃないかな?

さて、何を隠そう、私の故郷は、サクランボで有名な場所。
手間ひまかけて育てられた宝石のようなサクランボは見ているだけでも幸せだけれども、いかんせん、高い
そんなわけで、アメリカ人に自分のホームタウンの話をするとき、ちょっとした話のタネになるのがこのサクランボにまつわる話。

「私のホームタウンはチェリーで有名なんだけど、ここ数年はCherry Robber (サクランボ泥棒)の被害が多くて・・・」

なーんて言おうものなら、

「Cherry Robber?」

と、大抵のアメリカ人が驚いてくれます。

「そうなの。その泥棒はね、チェリーの摘み方を心得てる、すごいプロフェッショナルな泥棒だったりするのよ。」

なーんて言ってみちゃったりして。
実際、そういった泥棒は盗んだサクランボが高く売れるような収穫の仕方をしているんですよねー。

これは、みんなかなり興味深く聞いてくれます。
それだけ『フルーツ』ってものに対する認識が日本とアメリカだと違うんでしょうね。

アメリカンチェリー泥棒なんて、こっちにはいないし。
サクランボ農家にとっては被害甚大だけど、銃社会のアメリカにいると何だか果物泥棒なんてものすごい平和的なものに思えるし。

アメリカンチェリーは日本のものに比べて味が落ちると聞いてたけど、良いモノは、甘くてみずみずしくて意外に美味しいです。
いつか、こんな安くて美味しいアメリカンチェリーに、私の地元のサクランボがやられてしまうんでないかと正直、心配。

日本でも、今ほどの手間ひまをかけずして、美味しいフルーツがもっと安く買えるようになるといいんだけどなぁ・・・。
と、キルフェボンのフルーツタルトから思いを馳せた一日でありました。



スポンサーサイト

アメリカ流な事務手続き

えー、お久しぶりです。
桜の咲き誇る季節、ワシントンDCは観光客でごったかえしています。
そんなわけでとりあえず桜の写真からいってみましょう。

2006_0331_0001.jpg2006_0331_0002.jpg
 桜とワシントンモニュメント        満開ですね~☆

2006_0331_0030.jpg2006_0402_0005.jpg
     しだれています      桜とジェファーソンメモリアル

さてさて、随分とご無沙汰してしまったそのわけは。
・・・宿題に追われていて更新するヒマがなかったんです(T▽T)

実は1月から、コミュニティカレッジ(日本の短大みたいなところ)で西洋文明史の授業を取り始めたんですよ。
歴史の知識もついて、英語も習得できるのなら一石二鳥だし~♪
(↑もともと 『習うより慣れろ』 派。日本で英語の塾とか英語学校みたいなところは行ったことがない)
コミュニティカレッジくらいなら大丈夫でしょ~♪

とまぁ、そんな軽い気持ちだったんですが甘かった。
ほぼ3ヶ月くらいのコースで、

ショートエッセイx3
エッセイx1
エッセイ+エッセイに基づくディスカッション準備x1
小テストx1
中間テストx1
期末テストx1

これだけの宿題をこなし、かつテキスト(宿題用のテキストとは別)も読まなきゃならんという、超・遊ばせてやらないぞ的スケジュール。
おかげさまで、週一回3時間、たった一コマの授業ですが気分はすっかり学生です。

しかしまぁ、この授業を取れるようになるまでが一苦労だったんですよ。

コミュニティカレッジには Out of State (州外)と In State (州内)という2つのタイプの授業料があるんです。
要はですね、州内に一定期間住んでいて税金払ってりゃ安くしてやるけど、そうじゃなきゃ安くしてやらんよ、というシステムで、 Out of State は In State の約3倍の授業料になるわけです。

私は In State (=安い) 授業料の資格があるのだけど、応募したらとりあえず Out of State に区分されました。
最初から主張もなしに都合のいいシステムなんか与えてやらんよの国、アメリカ。

はい、そんなわけで。
てくてくカレッジまで出かけて事務のおばさんにかけあってみます。
「ビザのタイプは?ああ、そのビザね。それならビザの他に旦那さんの雇用主のサインが入った雇用証明書が必要だから、それ持ってきて。他に必要な書類?特にないわ。雇用証明書さえあれば。」

事務手続きが、一度ですむわけはない国、アメリカ。
はいはい、もらえばいいんでしょー、雇用証明書。

そんなわけで。
雇用証明書を持って数日後、再度カレッジの事務へ出かけましたとさ。
前回のおばさんとは違う、若い女性が対応してくれます。すんげーやる気なさそうに。
「ふーん」って感じで書類を受け取ると、パソコンに向かって何やら手続を進めている風。
お、今回は順調にいくか!?と淡い期待を抱いたその時!
前回のおばさん登場。
事務手続きのベテランっぽく、若い女性に聞いてきます。
「彼女(=私)の手続すすめているけど、書類は大丈夫なの?」
「雇用証明書もあるし、大丈夫そうよ」
「雇用証明書?そんなの重要じゃないわ。他に必要な書類があるはずだからちゃんと調べなさい。」

・・・お前だよっ、お前っ!!
雇用証明書さえあれば他の書類がいらないっつったのはっ!!!


対応者が違えば、言うことが違う国、アメリカ。
対応者が同じでも、違う日、違う時間では言うことが違う国、アメリカ。


分かってはいたけど、脱力感最高潮。

んで、さんざん調べたあげく、その若い女性、
「税務申告書のコピーも持ってきて」と私の書類を突き返しにかかりました。
権利を勝ち取るためには、まずは主張の国、アメリカ。
このくらいじゃ引き下がれません。
「2005年の税務申告はこれからだから、提出のしようがないわ」
「2004年のものでいいわよ。」
「だから、2005年からアメリカに住み始めたから、2004年の税務申告なんてしてないわ」(←すでに書類に書いてある事実)
「あっ、そう」
と突き返した書類を引っ込め、さらに待たされること数十分。
「何かこの州に1年以上住んでいることを証明できる書類ある?」
「免許証と賃貸契約書のコピーならあるけど」
「ああ、それでいいわ」
・・・雇用証明書以外いらないって言ったじゃんよ・・・(--)

人の言うことを、鵜呑みにしてはいけない国、アメリカ。
念には念をいれ、「これでもかっ!!」というくらい周到に書類を準備しましょう。


こうして、どうにかこうにか安い授業料は認められましたが、その後もスムーズにいかないことこのうえなく。

さぁ、ウェブで授業の登録だ!と思ったらログインできないし。
ヘルプセンターに電話してどうにかこうにか、ようやくログインできるようになった!さぁ登録!!と思ったら取りたい授業が取れないようになってるし。
カウンセリングルームで相談して、システムエラーを直してもらってようやく登録できた!さぁ次は学生証!!と思ったらなんだかワケの分からない理由でまだ発行できない、3日後に来いとか言われるし。
その実、翌日に行ったらサクサク発行してくれるし。

信じる者は、自分のみ。
自分を信じて、強く生きていきましょー in アメリカ、の巻でございました。

追記:
旦那さまの友人が訪米中です。
ワシントンDCに来る直前の4月1日、ちょうどサマータイムが始まる前日、ニューヨークの宿泊先でサマータイムについて尋ねた彼。
「3日前からすでに始まってるよ」とものの見事にウソを教えられたそうです・・・。


子パンダに会いに行く

ワシントンDCの国立動物園に子パンダ・タイシャンを見に行きました。
一般客に披露されてからというもの、整理券(無料)で入場客を制限するほど大人気らしいですが、うなずけます。
文句なく、めちゃめちゃ可愛い!!o(≧▽≦)o

訪れたこの日は春を思わせるような晴天。
11時過ぎに着いたらば、タイシャンはちょうど遊んでいる最中。
その愛らしい一挙一動に目が釘付け。
お昼ご飯のササをもらってお昼寝タイムに入るまでの1時間くらい、
ずーーーーーっと見ていました。

そんなわけで、本日はいつもより大きめの写真サイズで掲載です。

IMG_1149.jpg
   かなり大きくなりましたが、母パンダに比べるとまだまだ。

IMG_1193.jpg
      好奇心旺盛で、何にでも興味を示していました。

IMG_1232.jpg
              ランチタイム中。

IMG_1253.jpg
     これです、これ!この愛らしさにやられっぱなしでした。

偶然にも、動物園内で友人と鉢合わせ。
私がちょうど見終わった頃に「これから見に行くんだ☆」とのことでした。
なんか、彼女が見に行ったときは
延々寝ていたらしいですけど。

ということで、みなさん、見に行くなら午前中、お昼ご飯のササを食べる前が狙い目です。

↓続きに掲載!子パンダ・タイシャン、ササを追いかけ、でんぐり返しの巻。
【“子パンダに会いに行く”の続きを読む】

世界の Midori

先日の記事にちょこっと書きましたけど。
オペラ「トゥーランドット」を見に行きました。

んで、その翌日、再び同じコンサートホールを訪れました。
今度はナショナル交響楽団のコンサートのために。
んま~、なんて文化的な生活( ̄◇ ̄)
めったにないな、こんなこと。

今回のお目当ては、ソリストに五嶋みどりさんを迎えてのチャイコフスキー、バイオリン協奏曲。
世界の Midori、そのバイオリンの感想を一言で言うと。

すんげぇ(◎_◎;)

これが世界のレベルか。


本当にね、すごかったんですよ。
演奏中、ほとんど息を呑むように見入ってしまい、第一楽章が終わったときには思わず「はっあぁ~」と大きく深呼吸してしまいました。
体中のエネルギーをバイオリンに注ぎ込むかのような演奏で、まさに、バイオリンが鳴いていました。

他にも交響楽団の演奏が3曲程あったんですが、これを聞いたあとでは、ああやっぱり前座の曲だったのね(--;)と妙に納得。
Midoriのあとにはとても聞けんわ。

もっと聞きたかったなぁ~、
小曲を一曲くらいアンコールで弾いて欲しかったなぁ~(T-T)
隣で聞いていた旦那も同じ思いのようで、「G線上のアリア」 でも弾いて欲しいとつぶやいておりました。

この日は演奏会終了後、CD購入者を対象にサイン会があったのですかさず参加。
購入CDの表紙部分が黒っぽくサインが見えにくいので、ブックレットの中の写真のところにお願いしました。

B00005LNGU.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg20060228004728.jpg
     購入したCD       ここにサインしてもらいました

そして、ちゃっかり握手までしていただきました(≧∀≦)
カメラを持ってこなくて、一緒に写真を撮れなかったのがちょっと心残り。

日本語で話かけてみたのですが、あまり日本語が得意そうではなくて、うーん、英語で話せばよかったかなぁ、なんて今更のように思っています。


バレンタインデーがやって来る

日本から帰ってきて、バタバタと忙しく毎日を過ごしているうちに、気付けばもう2月。なんか時間が過ぎるのが早すぎてやばいなぁ~(--;)

2月といえば、バレンタインデー。
ここアメリカでも、ショーウィンドーがなんだか赤~く、色づいてきました。
カードショップには巨大なバレンタインカードコーナーが出現、ハート型のボックスに入った様々なチョコレートも売り出されました。

2006_0126_0005.jpg2006_0126_0006.jpg
全部バレンタイン用のカード!  ハート型がひしめき合います

2006_0126_0001.jpg
 いろんなグッズも並びます

日本ではすっかり恋人たちのイベント、バレンタイン。
日本のお菓子会社の戦略とは無縁の(?)アメリカでは、バレンタインデーの意味合いが全然違います。

アメリカでのバレンタインデーは、恋人だけでなく友達や家族に、その人たちのことを大切に思っているという気持ちを伝える日です。
なので、バレンタインカードも、恋人用、夫用、妻用、両親用、親友用、姉妹用、兄弟用と実に多種多様。

去年初めてアメリカのバレンタインデーを経験したときに、真っ赤なハート柄のいかにもアメリカ!な両親用のカードを発見。
こりゃおもしろいわと早速両親に送りました。

DSCF2135.jpg
今年の両親用のカードは去年よりシンプルかな~

ただですね、両親に送るのならまだおもしろいと思うんですけど、他はな~と二の足を踏みます。
日本人的な感覚からいくとですね、
親友にバレンタインカードとか気持ち悪くて。

日本の友人にそんなことしたら曲解されそうで、ちょっと友情にヒビが入りかねんよなぁ・・・( ̄▽ ̄;)
兄弟姉妹にもバレンタインカードなぞ、なんだか気恥ずかしくって、その辺やっぱ日本のお菓子会社の陰謀に毒されてるな、と思うわけです。

ちなみにこの日が「女性から男性に気持ちを伝える」ことになっているのも、多分日本だけなのではないかと。
アメリカでは女性、男性、双方とも贈り物をするのが通例です。

オーストラリアに卒業旅行に行った友人が「これ、おもしろくない?」と現地の新聞を持って帰ってきたのはもう随分前。
アメリカもそうですが、新聞社ではこの日の紙面に、遠く離れている友人や恋人、そして親などへの伝言を載せるコーナーを設けています。
もちろん、遠距離の人たちだけでなく、誰でもこのコーナーを使うことができます。
友人がオーストラリアにいたのはちょうどバレンタインデーの時期。
現地の新聞が本当にたくさんの愛のメッセージを載せていたのです。

イギリスにいたときには、大学の Students' Union(何て訳すんだろ?学生会館かな。集会所みたいなとこ)でバレンタインボールダンス(社交ダンス)パーティーが開催されました。
その当時、私はイギリス人女子学生と一緒の寮に住んでいたのですが、当日はタキシードに身を包んだ男子学生が赤いバラの花を一輪持って、これまた黒いパーティードレスに身を包んだ彼女をお誘いにあがっておりました。

男子学生が必ずバラの花片手に、パーティードレスを着てメークアップした女子学生を迎えにくる光景を階段の手すりにもたれかかりながら「ほっえぇ~」と驚嘆の思いで見ていました。

日本じゃ絶対に有り得ねぇ~(・_・;)!!

へ、私?当然、眺めてただけですよ。
ドレスなんか持ってなかったし。
ってか、それ以前に相手がいなかったし(T▽T)

今年はアメリカで、こんな熱烈なクマのぬいぐるみを発見。
この熱烈さに、アメリカを感じずにはいられません。

2006_0126_0002.jpg2006_0126_0003.jpg
    Kiss Me ベア       Hugs & Kisses (抱擁とキス) ベア

“Kiss Me”ハートを抱えているだけに体全身キスマークだったり。
“Hugs & Kisses”ハートを抱えているだけに体全身 XO マークだったり。
おっと、ちなみにこの “XO”、「X」はキスマーク、「O」はハグ(抱きしめ)マークです。
カードなどで、

「Happy Fathers' Day,

    Love,
     Annie, Sandy & Kate
             XOXOXO」

と書かれていたら、最後の「XOXOXO」は「キス・ハグ・キス・ハグ・キス・ハグ」の意味。
いやはや、さすがアメリカだわ。
こんなクマのぬいぐるみ、本当に贈る人がいるんだろうか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。