ワシントンDCのつれづれなる日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米比較、フルーツの巻

先日の記事に書いたブルーベリータルト。(これ↓)

20060724231944.jpg

友人から、
『銀座のキルフェボンのタルトくらいおいしかったよ!』
と、お礼のメールが届きました。

んー、なんて最大級の褒め言葉!(*^^*)と喜んではみたものの。
実は、肝心の「キルフェボン」なるお店を知らなかった私( ̄▽ ̄;)
早速ググッてみました。
ああ、インターネットさまさま。何て便利な世の中なんでしょーか。

難なく発見、キルフェボンのホームページ
どうやらフルーツタルトで有名なお店のよう。
まぁなんとアメリカではお目にかかれないような美しいフルーツタルトのオンパレードです。

う、美味そう~~~~っ!!!
アメリカじゃ有り得ないわ、この芸術的作品・・・。

しばし、その美しさに目を奪われていたのですが、次の瞬間、値段を見て驚愕しました。

1ピース、945円。
25cmホール、9,030円。

(※「国産ブルーベリーのタルト」の場合)

まじ(@@;)!?

私のブルーベリータルト、9,000円で売れる!?
(↑誰もそんなことは言っていない)

しかも、「宮崎産 完熟マンゴーのタルト」にいたっては、
1ピース、1,890円。
25cmホール、17,955円。


あっ、いかん、クラクラしてきた。
た、高すぎっ。
ケーキ一切れに、1,890円ですって!?

何でもこの「宮崎産 完熟マンゴー」なるものは、
「収穫間近のマンゴーに一玉一玉丁寧にネットをかけ、樹上で十分な養分を吸収させながら完熟を待ち」、
「完熟したマンゴーはそのネットに自然落下する」
のだそうでございます。

・・・すごい手間。すごい人件費。そりゃ高いわ(--;)

日本のフルーツはそれはそれは美味だけど、やっぱりその分、すごい手間と労力をかけていて、フルーツって何だかとっても高級品
そこまで手間ひまかけんでも、もちっと安く売ってくれてもいいのになぁ~って思うこともしばしば。

アメリカに来ると、フルーツって全然高級品じゃありません。
手間ひまかけてない分(=アメリカ人の性格上、日本人のような手間ひまをかける発想がないとも言う)、日本より甘味がなかったりするけど、素朴な感じで、私は好きです。

どれもこれも、日常的に手軽に買えるから、お菓子作りにも惜しみなく使えるし。
日本みたいにフルーツを贈り物にするなんてこと、アメリカではないんじゃないかな?

さて、何を隠そう、私の故郷は、サクランボで有名な場所。
手間ひまかけて育てられた宝石のようなサクランボは見ているだけでも幸せだけれども、いかんせん、高い
そんなわけで、アメリカ人に自分のホームタウンの話をするとき、ちょっとした話のタネになるのがこのサクランボにまつわる話。

「私のホームタウンはチェリーで有名なんだけど、ここ数年はCherry Robber (サクランボ泥棒)の被害が多くて・・・」

なーんて言おうものなら、

「Cherry Robber?」

と、大抵のアメリカ人が驚いてくれます。

「そうなの。その泥棒はね、チェリーの摘み方を心得てる、すごいプロフェッショナルな泥棒だったりするのよ。」

なーんて言ってみちゃったりして。
実際、そういった泥棒は盗んだサクランボが高く売れるような収穫の仕方をしているんですよねー。

これは、みんなかなり興味深く聞いてくれます。
それだけ『フルーツ』ってものに対する認識が日本とアメリカだと違うんでしょうね。

アメリカンチェリー泥棒なんて、こっちにはいないし。
サクランボ農家にとっては被害甚大だけど、銃社会のアメリカにいると何だか果物泥棒なんてものすごい平和的なものに思えるし。

アメリカンチェリーは日本のものに比べて味が落ちると聞いてたけど、良いモノは、甘くてみずみずしくて意外に美味しいです。
いつか、こんな安くて美味しいアメリカンチェリーに、私の地元のサクランボがやられてしまうんでないかと正直、心配。

日本でも、今ほどの手間ひまをかけずして、美味しいフルーツがもっと安く買えるようになるといいんだけどなぁ・・・。
と、キルフェボンのフルーツタルトから思いを馳せた一日でありました。



スポンサーサイト

ブルーベリーに恋をする

待ちに待った、ブルーベリー狩り
ついに、シーズン到来!!

そんなわけで、出かけました。
イチゴ狩りのときと同じ場所、Butler’s Orchard へ。

2006_0709_0009.jpg2006_0709_0003.jpg
  ここがブルーベリー畑    たわわに実ってる、実ってる♪

何しろ日本ではまだまだ高いブルーベリー。
ここでは新鮮、大粒、甘くて、しかも安い。たまりません( ̄¬ ̄)じゅる
去年友人に教えてもらって初めてブルーベリー狩りに来たのですが、以来すっかりトリコです。

が、うちの旦那さまは、実は去年、
「ブルーベリー摘みぃ??農場でぇ??野生のブルーベリーならともかく、何で農場で・・・」
という感じでした。
それでも、友人から話を聞いた私が行きたい行きたいウルサイもんで連れてってくれたんですが、その後の気に入りようは私に負けず劣らず。
今ではすっかり農場ブルーベリーに恋しておられます(笑)

さらに去年、野生のブルーベリーを試し、『野生のものはかなり酸っぱい』 ことを学習して以来、

「ブルーベリーはやっぱ農場だろ!」

と、当初と180度違う意見を放つようにさえなりました(^_^;)
いいな、その柔軟性。

20060715235143.jpg20060715235223.jpg
  収穫したブルーベリー    大きさ、実感してもらえますか?

さて、イチゴだったらデコレーションケーキが王道。
ブルーベリーだったら・・・。んー、やっぱりタルトかな( ̄ ^  ̄)
ってなことで、いっちょ頑張ってブルーベリータルトを作りました♪

じゃーん!
20060724231944.jpg
大粒ブルーベリーがとても良くマッチ


タルト生地作り → タルトフィリング生地作り → カスタードクリーム作り → デコレーションという、やったら面倒くさい工程をたどるため、1年に一度、作るか作らないかというタルト。
おかげで経験値が少なく、美味しく出来るかどうか、ドキドキもんでした(@@;)

タルトを食べた友人(日本人)の感想は・・・、

「なんか・・・」

え、なになに?ドキドキ。

「すっごい日本の味!」

お、コレは・・・、多分、褒め言葉・・・だよね??

「アメリカでは食べられないよね、こういうケーキ!すごい美味しい~!!」

ひゅ~。良かった、良かった( ̄。 ̄;)
ケーキはクッキーなんかと違って味見ができないから、実際に食べた人の感想聞くまで緊張するぜっ。

でも、こういうタルトが作れるのも、大粒ブルーベリーが安く手に入るアメリカならではなんだろうなぁ。
日本に帰ったら、なかなか手に入らないブルーベリーに恋心が募りそうな予感、今からしています(^▽^;)


W杯サッカー

いい加減、予想はついていたけれど。
やぁ~っぱり、W杯サッカーの盛り上がりに欠ける、ここアメリカ。

いや、別に私もサッカーファンってわけじゃないんですが。
いつも周囲の雰囲気にのってにわかファンになるのが常だったくらいですし。
でもなんか、楽しいじゃないですか。
そういう雰囲気を楽しむのって。

でもアメリカでは無理そうですね。
オリンピックやWBCのときの経験から、そうだろうと予想はしていたのですが。

この国はどうしてこう国際的なスポーツの祭典に無関心なんだ( ̄- ̄;)!?

日本はきっと連日この話題で持ちきりだろうに。
先日の試合はものの見事な逆転負け。
それでもその敗戦の原因だとか、次回の試合に向けえた対策だとか、そんな特集がたくさん組まれていたりするんだろうに。

だけど、トリノオリンピックやWBCのときよりは随分扱いがまとも。
だって、日本の試合もライブで中継が見られたし。

トリノオリンピックの試合は録画映像だったし、WBCのときは大学対抗バスケだったかホッケーだったで中継がなかなか始まらなかったから、それに比較すれば・・・ね。
やっぱり南米系の移民が多いからかしらん( ̄^ ̄)
何気なくつけたW杯関連のテレビは、ものの見事にスペイン語での放送だったし。
さすが。やはりサッカー=南米系。

この間の日本の試合見てみましたが、1人で見ててもおもしろくないもんですねぇ。
日本だったらアパートの隣の部屋から歓声が聞こえたりとか。
外で騒いでいるたちの声が聞こえたりとか。
翌日の会社で話題になったりとか。
そーゆーのが全然ないと熱中することのできない、
あくまでもにわかファンな私( ̄▽ ̄;)

ちなみにサッカーはアメリカ英語でも「サッカー」ですが、イギリス英語では「フットボール」。
イギリス留学時代、「チップス(アメリカ英語=フレンチフライ)」と並んで間違えやすい単語でした。
「サッカー」と言いそうになりながら「フットボール」。
「フレンチフライ」と言いそうになりながら「チップス」。
そうやって自分に言い聞かせ、ようやく「フットボール」と「チップス」が標準英語になったというのに。

今やその逆。
「フットボール」と言いそうになりながら「サッカー」。
(アメリカ英語で「フットボール」は「アメフト」のこと。)
「チップス」と言いそうになりながら「フレンチフライ」。
ものすご~く、紛らわしいです(T▽T)


ストロベリーシーズン

イチゴ狩りに行って来ました。友人夫婦と一緒に。

2006_0603_0005.jpg
   たくさん摘んだよ~♪

場所はメリーランド州にある Butler’s Orchard
去年、ブルーベリー狩りに出かけたところです。

この農場がすごいのは、年がら年中、何かしら摘めるようになっているところ。
春のストロベリーから始まり、ブルーベリー、ブラックベリー、タルトチェリー、りんご、かぼちゃ(ハロウィンのランタン用)、そしてクリスマス前にはな~んと、もみの木狩り(って言うのか?)もできるのです。

農場入場料なし、お腹に入る分は無料、持ち帰り分だけお買い上げすれば良いという素晴らしいシステム。
何より摘みたての果物は美味しいし、日本でまだまだ高いベリー類がたらふく食えるとあって、たまらん。( ̄¬ ̄)じゅる
ついつい摘みすぎちゃったので、イチゴのデコレーションケーキまで作成しちゃいましたことよ。

2006_0605_0002.jpg
じゃじゃ~ん。ケーキの王道だぜっ。

日本でケーキと言えばイチゴのショートケーキ。
かたやアメリカではケーキと言えばチーズケーキ。いや、キャロットケーキか?あ、それともキーライムパイかな?
ま、いずれにせよ、イチゴのショートケーキはかなりマイナーな部類です。
あんなに美味しいのに・・・ナゼ??

こんなでかいケーキを丸々旦那と2人で食べた日には、おデブさん街道まっしぐら。
というわけで友人(日本人)を5人程呼んでティータイムと洒落込みました。

超・大好評(^◇^)v

日本人の心をわしづかみです。ムフ。

むか~しむかし、高校生時代は、焼いたスポンジにただただイチゴを挟み、ツノが立つまで泡立てた生クリームを塗っていたもんです。
が、最近はキルシュ(さくらんぼのリキュール)を使って大人な味に仕上げることを覚えました。

スポンジにはシロップ(水+砂糖+キルシュで作る)をしみこませ、生クリームにもキルシュを加え、さらに滑らかさを保つために8分立てまで。
おかげさまで自分で言うのも何ですが、このフワしと感、かなり美味い。
料理にはちょっとウルサイ旦那さまからもお墨付きをいただきました(笑)

その旦那さま、ケーキを作って友人5人に振舞うと告げたところ「責任重大じゃないか!!」とのこと。
私の責任の重さを思ってか、「いいか、リキュールを入れてだな・・・」と、ケーキ作りの講釈をたれ始めました。

が、ショートケーキ作りに関する知識はすべて私が教えたもの。

「作ったことないだろ~が。」と、ツッコミを入れたくなるあたしなのでありました。
いや、ま、実際入れましたけどね。
うちの旦那さまはシュークリーム作り専門です。(←彼が作るシュークリームは、まじで美味い。)


Catering Impossible

夜中、テレビのチャンネルを回していたら Mission Impossible の音楽が流れてきました。
いつも映画を3割り増しくらいカッコ良くしてくれる、あの有名なテーマ音楽。
それだけに、あたしの映画好きな友人に言わせると、「あの音楽、ずるいよね」ってことになるらしい。
(どんな音楽だっけ?という方は ココ をクリック)

近々公開(今はもう公開中)になるパート3の予告かしらん?と思ったのですが、ハズレ。
Mission Impossible III のロケで、300人を超す俳優・クルーたちに、毎日料理を提供する料理人のお話でございました。
その名も、「Catering Impossible」
そういやこのチャンネル、フードチャンネル(料理番組専門チャンネル)だった。

途中から見始めたのですが、番組後半は上海ロケでの話。
その間に、アメリカ最大のお祭り、サンクスギビング(感謝祭)がやってくることになっていました。
本土アメリカより遠く離れた上海で、いかに伝統的なサンクスギビング料理を提供することができるか、一見 Impossible な Catering に挑戦するお話だったんですが。
かなり突っ込みどころ満載でした。

クルーたちより一足先に上海入りした料理人チーム。
食材の買出しへ出かけますが、そのアメリカとの勝手の違いに戸惑うばかり。

まず、アメリカでは目にしたことのない食材を、使えるかどうか検討。
ゴーヤを手に取り、割って中身を確かめるシェフ。
「うん、これはスクウォッシュだな!」

んー、まぁスクウォッシュって、一般的にはカボチャだけど。
一応ウリ科の食物の総称でもあるわけだし、間違ってはないけど。

・・・あの、それ、苦味があるって知ってます?

まさか感謝祭だからって、パンプキンパイに使うんじゃないでしょうねぇ・・・
どんな風に調理したかは放映されなかったので、結果、知る由もなし。

上海の田舎町でのロケだったので、スーパーマーケットがなく、小さなお店一つ一つで買い物をするシェフ。
会計が遅くてかなわない、ともらします。
「豆一袋買うのでも時間がかかってしょうがないよ。」

えー、アメリカの会計も、か・な・り 遅いですけど!?
スーパーマーケット、レジのところいつも大渋滞ですけど!?


そして料理人グループが悩まされたという中国時間。
いつでもカプチーノを提供すべく、ミルクを買いにでかけたところ、9時入荷と言われたそうですが、なかなか届かない。
「最初は9時入荷と言われて、9時にくるとまだ届いてない。10時にもう一度来てみれば、10時半と言われる。」

あら、アメリカでも、午後9時頃配達の荷物、届かないって何度も電話して、
実際に届いたの午後11時30分を回ってましけど!?


そんなこんなで買い込んだ食材を大型トラックに積んで戻ろうとするわけですが、道が狭すぎて通れなくなるわけです。
「道も狭いし、人が多すぎて!」

・・・そんなでかいトラックで通ろうとするあんた達の方が、現地の人たちには迷惑じゃ!

とまぁ、このように、ココロの中で入れた突っ込みは数知れず。
ある意味、非常におもしろい番組でした。

結局サンクスギビングに欠かせないターキー(七面鳥)は現地で探し回るも見つけられず、アメリカから空輸。
ミッションは無事に完了したようです。

それにしても、せっかくの上海。
カプチーノよりも中国茶の方が、体もあったまるし俳優やクルーの健康にもいいんじゃないのかしら?
そんなことを思うあたしはやっぱりアジアンなのでありました。

Mission Impossible III、アメリカで、現在公開中。
トム・クルーズファンの友人と見に行く予定です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。